生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法とは?

この記事では腸内フローラ・酵素ミトコンドリアによって生命力を高める方法や生命力アップの秘訣などを紹介したいと思います。

生命力を高めるには、腸内フローラ・酵素ミトコンドリアという3つの存在が重要になってきます(ちなみに「生命力を高める」とは、血液がきれいになり、細胞の新陳代謝が活発になり、免疫力が高まることを、主に意味しています。またそのことは、生きていることが気持ち良いと感じられるようになることにもつながっていきます)。

生命力を高める方法

腸内フローラ・酵素ミトコンドリアで生命力を高める方法

 

なぜなら、腸内フローラ、酵素ミトコンドリアはどれも私たちの生命に深く関わっているからです。そして私たちの見えないところで、日々、生命維持のために様々な働きをしているからです。

腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアが生命力を高める理由については、こちらの記事を参照してください。

腸内フローラ改善で生命力を高める方法

100種類・100兆個以上といわれる腸内細菌の集まりは、お花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれていますが、この「腸内フローラ」は、免疫系・神経系・ホルモン系にも作用しているため、腸内フローラを改善していくことは、生命力を高めることにつながっていくと思われます。

なぜなら、腸は生命の根源であり、栄養源を体内に摂り込むための土壌だからです。

では、生命力を上げるために具体的にどのようにして腸内フローラを改善していけば良いのでしょうか?

腸内フローラを改善するとは、すなわち、腸内細菌のバランスを整えることと、腸内環境を正常な酸性に保つことを意味します。

また腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されますが、この善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスは「2:1:7」が理想だとされています。

そしてそのために役立つのが、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」と呼ばれる食品です。

「プロバイオティクス」とは、生きた乳酸菌など、からだにとって良い働きをする有用菌が含まれた食品のことです。ヒト特有の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸桿菌は、生きたまま腸に届くと、酢酸や乳酸を分泌して腸内環境を正常な酸性に保ってくれます。

また胃酸によって死菌になった乳酸菌(乳酸桿菌・ビフィズス菌など)は、腸内細菌のエサになって、善玉菌を増やすと言われています。

一方、「プレバイオティクス」とは、食物繊維オリゴ糖といった、腸内細菌のエサになる難消化性の糖質が含まれた食品のことです。こちらの「プレバイオティクス」は、腸内細菌のうちの善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えるのに役立ちます。

特に食物繊維は、腸内細菌のエサになるだけではなく、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を促して便秘を解消したり、腸内の有害物質や毒素を吸着して体外に排出するという解毒作用があるため、腸内フローラの改善のためには、必要不可欠です。

この「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」をうまく利用して、腸内フローラを改善していくことが、免疫力を向上させるとともに、生命力を高めていく方法です。

したがって、納豆や漬け物、ヨーグルトなどの発酵食品や、食物繊維が豊富に含まれた野菜や果物、海藻類、雑穀類、きのこ類などの食材を日頃から食べるようにすることが、腸内フローラの改善に効果的です。

また、食事で十分な量の乳酸菌や食物繊維を摂るのが難しいという方は、腸に対して非常に良い働きをしてくれる「乳酸菌革命 」や「醗酵5 」といったサプリメントを利用することも腸内フローラの改善に役立ちます。

酵素を増やして生命力を高める方法

酵素は私たちの体内において主に「代謝」と「消化」という大切な役割を担っています。

また酵素は体内においては、それ自身は変化しないまま、物質と物質をくっつけて分解や合成などの化学反応を素早く起こさせる「触媒」として働いています。

その体内の酵素は加齢と共に減少していくとされており、酵素が体内で十分に働かなくなると、その分、新陳代謝は鈍ってしまいます。

しかし体内の酵素が十分にあれば、その分、代謝が良くなっていきます。

ではどのようにして酵素を補充していけば良いのでしょうか?

酵素は生の野菜や果物、発酵食などに含まれているため(食物酵素)、酵素を補充するには、加熱食ではなく、生の食材を食生活に採り入れることが大切になってきます。

ところが、酵素を食品から補えば、その酵素がすぐに代謝のために使われるというわけではありません。

例えば、だ液や胃液、膵液にはアミラーゼやペプシン、プロテアーゼやリパーゼといった消化酵素が含まれていますが、生の食材に含まれている食物酵素は、胃の中で消化を助ける役割を果たすため、胃腸に余計な負担をかけないようにしてくれるのです。

また、食物から酵素を補うことによって、体内の酵素が浪費されるのも防いでくれます。

特に現代社会は、食べ過ぎ早食いの傾向によって、酵素を無駄遣いしています。

もし酵素によって食べ物を消化しきれないくらい食べ物を胃に放り込んでしまうと、消化不良を起こし、食べ物の三大栄養素は小腸から吸収されず、大腸で腐敗や酸敗といった現象を起こして、ひどく腸内環境を悪化させてしまいます。

そのため、体内の酵素を増やして生命力を高めていくには、生の野菜や果物、発酵食などを摂るようにすると共に、酵素の無駄遣いをしないよう、消化の悪いものを避けたり、食べ過ぎを防いだりすることが大切です。

そのようにして、酵素の浪費を防ぎ、体内の酵素を増やしていくことが生命力を高めていく方法です。

また『病気にならない生き方 』の著者が開発した「新谷酵素」や、「酵素黒酢革命 」といった、野菜や果物、発酵食による生きた酵素が含まれたサプリメントも、体内の酵素を増やすのに役立ちます。

ミトコンドリアを増やして生命力を高める方法

ミトコンドリアは、私たちが多種多様な生命活動を行うためのエネルギー通貨である「ATP(アデノシン三リン酸)」を生産しているため、ミトコンドリアを気づかうことは、生命力を高めることに直結していきます。

では、ミトコンドリアによって生命力を高めるには、何をすれば良いのでしょうか?

それにはまず、ミトコンドリアの機能が低下しないようにすることが大切になってきます。

ミトコンドリアの働きは、不適当な温度や気圧、ビタミンやミネラルなどの栄養素の過不足、ストレスや過剰な紫外線、激しい運動などによって生じる活性酸素などが原因で、阻害されてしまいます。

すると、ミトコンドリアは細胞の新しく生まれ変わる力に関わっているため、細胞の成長や新陳代謝が妨げられてしまうのです。

しかしミトコンドリアは増やしたり、元気にしたりすることが可能です。

まず、ミトコンドリアは普段から身体を動かすようにすると、エネルギー(ATP)を必要だと感じて増えてくれます。

しかし身体を動かすといっても、活性酸素が増えるほどの激しい運動ではなく、ゆるやかなウォーキングや軽いジョギングといった有酸素運動や、ヨガをはじめとしたインナーマッスルを鍛えられる運動です。

また、ミトコンドリア研究者の太田成男氏によれば、ミトコンドリアを増やすには、以下の方法が有効だと言います。

  • マグロトレーニングをする・・・ヒラメのような瞬発力のある筋肉(白筋)ではなく、マグロのような持久力のある筋肉(赤筋)を鍛える。
  • 姿勢を保つ・・・筋肉の中でも姿勢を保つための筋肉、背筋と太腿の筋肉に多く含まれているため、背筋のミトコンドリアを増やすためには、背すじを伸ばすことが重要。
  • 寒さを感じる・・・ミトコンドリアは寒さを好むため、寒さを感じてミトコンドリアにエネルギーが必要だと感じさせることが、ミトコンドリアを増やすためのヒケツ。
  • 空腹を感じる・・・空腹になると、からだはエネルギーがもっと必要だと認識するようになり、ミトコンドリアを増やそうとする。

それに加え、ミトコンドリアは太陽の光を浴びると活性化するため、毎日ある程度の時間、日光浴をすることも、ミトコンドリアの健康を保つためには大切になってきます。

さらに、【コエンザイムQ10】 ミトコンドリアを元気にし、新陳代謝を活性化するのに役立ちます。

 

以上が、腸内フローラ・酵素ミトコンドリアによって生命力を高める方法です。ぜひ、日頃から腸内フローラ、酵素ミトコンドリアを意識し、新陳代謝を活発にして免疫力を向上させ、生命力を高めていってください。

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.