読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

糖質制限ダイエットの成功は腸内フローラの改善がカギ

腸内フローラ 糖質制限 ダイエット

当ブログでは、腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアによって生命力を高める方法について述べていますが、今回は、糖質制限ダイエットを成功させるには、腸内フローラ改善がカギであるということについて書いていきたいと思います。

 

まず、多様な腸内細菌の集まりである腸内フローラを改善することはダイエットにつながっていきます。

特に、食物繊維によって腸内細菌のバランスを整えることは、ダイエットに効果的です。

食物繊維を普段から多く摂るようにすると、腸内フローラを構成する腸内細菌のうち、ヤセ菌と呼ばれる「バクテロイデス門」の腸内細菌を優勢にし、太りにくい体質を作ると言われています。

一方、低食物繊維・高カロリーの食事を続けると、デブ菌と呼ばれる「フィルミクテス(ファーミキューテス)門」が優勢になるとされています。

ちなみにフィルミクテス門がデブ菌と呼ばれている理由は、フィルミクテス門の中には、食物を消化器官内で分解した後、そのまま排泄されてしまうはずの成分を吸収し、それを栄養として取り込んでしまう細菌があるからだと言います。

つまり、フィルミクテス門が優勢な人は、食事からエネルギーを吸収する量が多いのです。

一方、食物繊維を多く摂ることで腸内細菌が発酵を起こすと、「短鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪酸が作り出されるのですが、この短鎖脂肪酸には余計なエネルギーが肥満細胞に蓄積するのを防ぐ働きがあるとされています。

この短鎖脂肪酸はヤセ菌であるバクテロイデス門などの腸内細菌が作るとされているため、やはり、食物繊維を多く摂ることによって腸内フローラを改善していくことは、ダイエットに効果的なのです。

腸内フローラの改善と糖質制限ダイエットは同時に行える?

ところが、腸内環境や腸内フローラについて書かれている本を読むと、ダイエットのための糖質制限に関してはあまり推奨されていません。

その理由は、糖質制限ダイエットが対象にしている糖質や炭水化物には、オリゴ糖食物繊維など、腸内細菌のエサになる栄養素も含まれているからだと思われます。

つまり腸内フローラという観点からすれば、極端な糖質制限は、腸内環境の悪化が考えられるため、決してオススメできないのですが、しかし腸内フローラの改善をしつつ、糖質制限ダイエットを行うことは可能です。

腸内フローラ改善と糖質制限を両立していく方法とは?

ではどのように腸内フローラ改善と糖質制限を両立していくのかといえば、食物繊維オリゴ糖は腸内細菌のエサだと捉えて積極的に摂っていき、替わりに、パンやパスタといった糖質をなるべく控えていくのです。

また、主食のご飯に関しては、白米よりも七分づきものや雑穀入りのものを食べた方が、食物繊維やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているため、腸内環境の改善には効果的だとされています。

もちろん、1日中仕事などで体を動かすにも関わらず、太るからという理由で極端な糖質制限を行うことは体調を崩す原因になるため、避けた方が良いと考えられます。

炭水化物は、からだが必要としているエネルギーの分だけ、きちんと摂ったほうが良いのです。

ですが、清涼飲料水やお菓子などに多く含まれている砂糖や人工甘味料に関しては、血糖値の乱高下を引き起こしたり、腸内の悪玉菌のエサになったりするため、あえて摂る必要はありません。

そのため、腸内フローラ改善と糖質制限を両立していく方法とは、砂糖や人工甘味料を減らし、替わりに食物繊維オリゴ糖を積極的に摂っていくことなのです。

特にダイエットをしたいけれど甘い物がやめられないという方は、砂糖の替わりにオリゴ糖を使ってみることをオススメします。

なぜならオリゴ糖は腸内のビフィズス菌を増やすだけではなく、血糖値をほとんど上げないとされているからです。

またサプリメントによって「腸内フローラ改善+糖質制限ダイエット」を行っていきたい方は、食物繊維がバランスよく、大変豊富に含まれている「えん麦のちから」がおすすめです。

えん麦のちからで腸内フローラ改善+糖質制限ダイエット

 

 

 

lifepower.hatenablog.com

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.