読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

腸内フローラと免疫力の関係とは?

腸内フローラ 免疫力

腸内フローラを改善していくことは、免疫力を高めることにつながっていくため、様々な病気を予防することにもつながっていきます。

また当ブログが何度も述べている「生命力を高める」とは、ヒトに元々備わっている免疫機能が本来の力を取り戻すことでもありますので、腸内フローラを改善し、免疫力を向上させることは、生命力を高めることにつながっていきます。

では、なぜ腸内環境を良くすることが、免疫力を高めることになるのでしょうか?

私たちは生命を維持するために、口にした食べ物を消化・分解することで栄養分を吸収しなければなりませんが、それと同時に細菌やウイルスが外から侵入してくるのも防がなければなりません。

その重要な役割を果たしているのが腸なのです。

腸は「内なる外」と呼ばれていますが、食べ物が消化管を通っている間は、まだ食べ物は体の外に存在しているのです。

やがて食べ物は、分子レベルにまで分解され、小腸から吸収されますが、一緒に入り込んできた病原菌を排除しなければ感染症が引き起こされてしまうので、体に必要なものとそうでないものを選り分けることで、異物の侵入を防いでいかなければなりません。

そして、その役割を担っているのが白血球の仲間である「免疫細胞」なのです。

腸管免疫とは?

免疫細胞のおよそ3分の2は腸に集中しており、その免疫細胞のリンパ球、好中球、樹状細胞、マクロファージなどが、食べ物の栄養素を吸収するための入り口である小腸のなかで、いわば警備隊として活躍しています。

そのため腸のうちの特に小腸は「腸管免疫」と呼ばれています。

また、これらのことに関して理化学研究所の辨野義己氏は以下のように述べています。

 

 腸管の免疫細胞の約半分は、小腸にあります。小腸の中には、絨毛という小さな突起物が無数にあって、食べ物が消化されてきたブドウ糖アミノ酸、脂質などの栄養素を吸収します。ちなみに、突起物がたくさんあるのは、栄養素を吸収しないように面積を広げるためと考えられています。

 小腸の表面は粘膜上皮細胞という細胞の層が覆っていて、その間には、T細胞や樹状細胞がたくさんはさまる形で存在しています。また、粘膜上皮細胞の下にはプラズマ細胞がいて、抗体を生産しています。そうやって、栄養素と一緒に病原体が身体の中に入っていくことを防いでいるわけです。(辨野義己『腸を整えれば病気にならない』p56~57

 

M細胞とパイエル板

また、小腸の内側表面には、絨毛がびっしりと生えており、絨毛の最外層には一層の粘膜上皮細胞が並んでいます。その粘膜上皮細胞の並びのなかに、「M細胞」という特殊な細胞がときおり見られます。

その「M細胞」は下部にポケットをもっており、M細胞がある辺りは絨毛がとぎれて台地状になっています。また、その台地の下には「パイエル板」というリンパ組織が存在しています。

この「パイエル板」と「M細胞」について辨野義己は以下のように述べています。

 

 小腸には、パイエル板という免疫系の司令室にあたる器官もあります。パイエル板は、絨毛と絨毛の間にあって、パイエル板の中には、たくさんのヘルパーT細胞、B細胞、樹状細胞などが存在しています。

 パイエル板のすごいところは、腸管を流れていくものを監視する装置があることです。パイエル板の表面には、M細胞という細胞が存在します。M細胞は腸管の中にセンサーを出していて、抗原となる病原体をキャッチします。M細胞の反対側にはポケットのような部分があって、そのポケットには樹状細胞が待ち構えています。病原体がM細胞にキャッチされると、樹状細胞はヘルパーT細胞に「こんなもの食べたよ」と知らせて、獲得免疫が働き始めます。腸の中を通る病原体は、常に監視されているわけです。

 このM細胞は、病原体がいないか調べるだけでなく、腸管を流れていくものの全体的な状況を確認しています。例えば、M細胞にキャッチされる腸内細菌の種類が変ると、その情報から、身体の機能が調節されるというわけです。(辨野義己『腸を整えれば病気にならない』p57~58

 

このように腸管から病原体や異物、有害な細菌などが、からだの中に簡単に入り込まないようにするために、常にからだのなかの腸管免疫の仕組みが働いてくれているのです。

そのため、免疫力を維持したり、様々な病気を予防したりするためには、腸管の免疫システムが誤作動を起こさないよう、腸内フローラを改善し、腸内環境を良好に保つことが非常に重要だと考えられます。

そしてそのことが、免疫力を高める秘訣でもあり、また生命力を高める方法でもあるのです。

 

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.