生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

『土と内臓 微生物がつくる世界』の書評・感想

当ブログでは、腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアによって生命力を高める方法について述べていますが、今回は『土と内臓 微生物がつくる世界』(デイビッド・モンゴメリー+アン・ビクレー 著 片岡夏実 訳 築地書館)を読んだ感想を書いていきたいと思います。

 

このデイビッド・モンゴメリー氏とアン・ビクレー氏によって書かれた『土と内臓 微生物がつくる世界』の原題は、訳者の片岡夏実氏によれば「隠された自然の半分」(The Hidden Harf of Nature)だということですが、本書を通読してみると、邦題の通り、植物を育む土壌と、人間の体内にある腸は、根っ子において通底しているのではないか、と考えさせられます。

 

つまり、土壌と腸は根底が同じなのであり、腸内環境を改善して病気を防ぎ、健康になるためには、土を耕して立派な農作物を育てるのと同じように、腸内環境を育てていけば良いのではないかと、感じるのです。

また、土を耕して立派な農作物を育てるのに、農薬や化学肥料は必要ないのではないかということも、本書『土と内臓』を読むと深く考えさせられます。

なぜなら、「隠された自然の半分」、すなわち見えない微生物が土の中には無数に存在しており、その無数の微生物たちが、植物が土壌から、より効率的に栄養を吸収するための仲介者として、私たちの知らないところで働いてくれているからです。

そのあたりのことが、19~20世紀に化学肥料が無用であることを訴え続けたイギリス人農学者サー・アルバート・ハワードのエピソードと共に、本書『土と内臓』のなかで詳しく書かれています。

 

土と内臓 微生物がつくる世界

人体や土などにも存在している、微生物という生命の神秘

また本書では土の中の微生物のことだけではなく、腸と免疫の関わりや、腸内環境を改善するために有効だとされるプロバイオティクスやプレバイオティクス、腸内フローラを改善するための食事などについても、ハウツー本とは違ったかたちで書かれています。

さらにレーウェンフックやパスツール、メチニコフといった微生物と関係がある学者のエピソードも書かれており、非常に充実した内容になっていますので、これ一冊を読むだけで微生物と土と腸のことを詳しく知ることができます。

そのため、デイビッド・モンゴメリー氏とアン・ビクレー氏によって書かれた『土と内臓 微生物がつくる世界』は、抗菌・殺菌グッズが蔓延している「キレイ社会」のなかでふと立ち止まり、微生物という体内や土壌の中にも存在する生命の神秘に目を向けるのに最適な一冊だといえます。

 

 ヒトマイクロバイオームが私たちの免疫機能に欠かせないように、植物の根の内部やまわりに棲む微生物は、植物の防御機構のために欠かせないものだ。人間は植物と同じ生物学的防御戦略に組み込まれている。いずれも特殊化した領域――植物なら根圏、人間なら大腸――に、微生物を呼びよせる栄養を用意する。これらの部位は、微生物が植物や人間と栄養を交感し協力関係を結ぶ市場として機能する。(デイビッド・モンゴメリー+アン・ビクレー『土と内臓 微生物がつくる世界』 片岡夏実 訳 p309)

 

 植物の根を、根圏も何もかも一緒に裏返したとすれば、それが消化管に似ていることに気づくだろう。この二つは多くの点で平行宇宙だ。土壌、根、根圏をまとめた生命活動とプロセスは、腸の粘膜内層と関連する免疫組織と鏡写しだ。腸はヒトにとっての根圏、私たちの体の中で、ある目的のために受け入れた微生物がとてつもなく豊富な場所だ。消化管の細胞が腸内微生物と相互作用し、根細胞は土壌生物と取引をする。人間界と植物界は共通する主題を持つ――微生物との活発な伝達と交流だ。(デイビッド・モンゴメリー+アン・ビクレー『土と内臓 微生物がつくる世界』 片岡夏実 訳 p310

 

何を栽培するにしても肥料をやらなければならない。そして農地の土壌を肥沃に保つには、有機物を与えて土壌生物を繁殖させることだ。ほぼ同じ考えが、私たちの内なる土壌にも当てはまる。食べたものが養分となって、私たちのマイクロバイオームの代謝を形作り、それが今度は私たちの健康を――すみからすみまで、よかれ悪しかれーー形作る。もちろん、食事を変えることでは急性の病気は治せないだろう。しかしそれは、慢性疾患を防ぎ総合的な健康を増進するために、人間がとれる唯一にしてもっとも効果的な手段なのかもしれないのだ。(デイビッド・モンゴメリー+アン・ビクレー『土と内臓 微生物がつくる世界』 片岡夏実 訳 p324

 

土と内臓 微生物がつくる世界

『土と内臓 微生物がつくる世界』(デイビッド・モンゴメリー+アン・ビクレー 著 片岡夏実 訳 築地書館 2016年

 

土と内臓 (微生物がつくる世界)

新品価格
¥2,916から
(2017/5/4 14:20時点)

lifepower.hatenablog.com

lifepower.hatenablog.com

lifepower.hatenablog.com

lifepower.hatenablog.com

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.