読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

活性酸素がミトコンドリアの機能を低下させる理由とは?

ミトコンドリア

当ブログでは主に、腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いていますが、前回の記事では、活性酸素はミトコンドリアによって生み出される、ということについて述べてみました。

今回は、その活性酸素ミトコンドリアの機能を低下させることについて書いていきたいと思います。

活性酸素が増えすぎてしまうと、ミトコンドリアは機能低下を起こしたり、DNAの障害が大きくなったりします。

また、活性酸素の害が大きくなりすぎると、ミトコンドリアは細胞の自殺であるアポトーシスという手段をとるようになり、そのことはミトコンドリアの減少につながってしまいます。

この活性酸素ミトコンドリアの機能低下について、医学博士の日置正人氏は、『ミトコンドリア不老術』のなかで、以下のよう述べています。

 

 ミトコンドリアから酸素フリーラジカルが漏出すると、ごく近くに存在するむき出しになっているミトコンドリアDNAが傷つき、ミトコンドリアを構成しているたんぱくに異常が発生します。

 もともとミトコンドリアはエネルギーを産生する機能のために存在していますから、その部品であるたんぱくが変化してしまうとエネルギー産生に変調をきたすはずです。そうでなくてもそこから漏出する酸素フリーラジカルは増大するに違いありません。なにしろ酸素フリーラジカルの発生は90%がミトコンドリアで生じると考えられているからです。

 酸素フリーラジカルの漏出はさらなるミトコンドリアの障害を引き起こすことにあり、ミトコンドリアDNAの障害と機能低下による酸素フリーラジカルの漏出は増大することとなります。見事に悪循環が成立するのです。(日置正人氏『ミトコンドリア不老術』p70~71

 

 あまり障害が大きければ、ミトコンドリアアポトーシス(細胞の自殺)の道を選択します。しかし人体にあるミトコンドリアの合計は天文学的数値になるため、少量のミトコンドリアが死滅したところで大勢に影響ありません。それが、老化が急速には進行しない理由なのです。

 しかし確実にミトコンドリアは減少し続け、あるいは減少しないまでも機能低下が進行していることは間違いありません。(日置正人氏『ミトコンドリア不老術』p71

 

日置正人氏が述べているように、ミトコンドリアによって活性酸素(酸素フリーラジカル)が漏出するという事実は、やがてミトコンドリアの機能低下と減少を引き起こすため、そうならないようにするためには、前回の記事でも述べたように、ミトコンドリアを増やすことが重要になってきます。

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.