読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~

主に腸内フローラ・酵素・ミトコンドリアで生命力を高める方法について書いています。

活性酸素を除去する酵素

前回の記事では、酵素には「代謝」と「消化」といった重要な役割があるということについて書きました。

しかしそれ以外にも、酵素は私たちの体内のなかで活性酸素を除去するという大切な役割を果たしています。

ちなみに活性酸素とは、ペアになっていない電子をもつ不安定な酸素のことで、体内に増えすぎると、老化が進んだり、遺伝子を傷つけることで病気にかかりやすくなったりするとされています。

また、呼吸の際に取り入れる酸素の2%は、活性酸素になると言われています。

この活性酸素には細胞のがん化を防ぐという働きもあるため、全てが悪者というわけではありません。

しかし活性酸素が増えすぎると、ミトコンドリアの機能が低下することにより、体内での弊害の方が多くなるため、出来るかぎり体内の活性酸素を減らしていくことが、課題になってきます。

さらに活性酸素は酸素が電子を吸収する毎に、「スーパーオキシドラジカル」、「過酸化水素」、そして「ヒドロキシルラジカル」と、次第に酸化力が強いものになっていきます。

それに加え、紫外線を浴びても一重項酸素という活性酸素が発生します。

これらの活性酸素は健康な細胞を攻撃して酸化し、老化を促したり遺伝子を傷つけたりすることから、悪玉の活性酸素と呼ばれることがあります。

また、ストレスや電磁波、食品添加物、大気汚染や水質汚染などの環境破壊、喫煙や過度の飲酒なども活性酸素を発生させる要因になっています。

この活性酸素が細胞を酸化させて老化に導くのを防ぐには、ビタミンCやビタミンE、アントシアニンイソフラボンといったポリフェノール類や、βカロテン、リコピンといったカロテイノイドなどの抗酸化物質です。

そのため、これらの抗酸化物質が豊富に含まれた野菜や果物を積極的に摂っていく必要があります。

酵素には活性酸素を除去する働きがある

しかし実は酵素にも強い抗酸化物質としての働きがあるのです。

最初に発生する活性酸素であるスーパーオキシドを除去するのはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素であり、次に発生する過酸化水素を攻撃するのはグルタチオンペルオキシターゼと呼ばれる酵素なのです。

酵素は普段、代謝や消化だけではなく、活性酸素の処理まで請け負っているのです。

そのため、体内の酵素を増やして生命力を高めていこうとすることは、老化を防いだり、病気の予防したりすることにつながっていくのです。

Copyright © 2016 copyrights.生命力を高める生活 All Rights Reserved.